2016年03月30日

さくらにお姉さんができました犬ぴかぴか(新しい)

rosasil_1.jpg

ご報告が遅れましたが、
この度さくらお姉さんができました。
ロザリーシルクですかわいい

去年の4月下旬から一緒に暮らしています家

なぜ妹ではなくお姉さんかと言うと…
ふたりはさくらよりも年上だからです犬(笑)リボン

rosasil_2.jpg

rosasil_7.jpg

Kは2年前から
地元のペット里親会シェルター
保護犬のお世話のボランティアに通っているのですが、
ふたりとはそのシェルターで出逢いました。

2014年の318
そこへレスキューされて来たふたりは
衝撃的な姿をしていました。

rosasil_8.jpg

この日のふたりの姿は忘れられません。

劣悪な繁殖場ロザリーシルク
繁殖犬として子供を産まされていました。

こんな糞尿まみれの姿になるまでずっと
10年以上も狭いケージの中で。

rosasil_6.jpg

繁殖場でこの子達は
『不要犬』のケージにいたそうです。
年を取ってもう子供を産めなくなっていたから。。
殺されずによく生きていてくれたと思います。

ふたりの壮絶な過去を
想像するたびに胸が締めつけられます。
家庭犬のさくら達が当たり前に
自由に楽しく過ごしていたあの年月を
この子達は何も知らない世界にいました。

rosasil_16.jpg

出逢ったこの日から
私はロザリーシルクのコトを
好きになっていました。

ふたりに会いたいから
毎日シェルターへ行きました。

201415年は
犬猫達のお世話に没頭した1年でした。

なんせ常時100頭以上の猫犬
シェルターで生活しているので
血と汗と涙&笑いアリの濃厚な1年でした。

IMG_8508.jpg

そしてついに両親の許可がおりて、
2015年の春桜
ロザリーシルクを里親会から正式譲渡揺れるハート

念願の家族に迎えるコトができました顔(笑)四葉

rosasil_14.jpg

ロザリーシルクがしてきた苦労に比べたら
私の苦労なんて大したコトないのですが、
1年越しでやっと家族になるコトができたので
ふたりへの愛情は積もり積もっているのです顔(泣)ハートたち(複数ハート)

rosasil_15.jpg

ふたりと出逢ってから2年。
一緒に暮らしてからはもうすぐ1年が経ちます。

ふたりが生きてきた10数年の
つらい過去の時間は取り戻せないけれど、
まだふたりは自由になってから
2年しか経っていません。
かけがえのない時間をもう失わせたくないし、
今はただ毎日を心穏やかにのびのび過ごしてほしい。
病気はこれ以上進行しないでほしい。
願い事が尽きない日々です。

お留守番はさせたくないし
高齢のふたりの身にいつ何が起こるか分からないので
私は在宅でデスクワークの仕事をしながら
毎日を仲良くみんなで平穏に暮らしています家ムード

rosasil_13.jpg

やっとブログにも綴れて嬉しいです四葉
不定期更新になりますが、
次回も引き続きロザリーシルクのご紹介を
詳しくさせて頂きますねリボン

rosasil_7143.jpg

ニックネーム K at 08:02| *ロザリーとシルク* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
25auline.png